顎 ニキビ 治らない

顎ニキビは治らない理由とは

顎ニキビは治らないですし、とても痛いですよね。
見た目も気になりますし、なかなか治らないため、長期間嫌な思いをすることになります。

 

そんな顎ニキビの原因を調べてみました。

 

思春期にできるニキビは成長ホルモンの関係でできます。
成長ホルモンが皮脂を分泌させるため、鼻やおでこにニキビができてきます。
若い頃はおでこにたくさんニキビができましたよね。

 

それが大人になってくると作用するホルモンが変わってくるため、
おでこや鼻ではなく、フェイスラインや顎などにニキビができてくるのです。

 

これが大人ニキビが顎やフェイスラインにできてしまう理由です。
そして大人ニキビは乾燥した肌に良くできるため、顎などにできやすくなってくるのです。
また、顎は皮脂分泌量が多くなっているため毛穴が詰まりやすくなるのも要因です。

 

更に女性の場合、女性ホルモンのバランスが乱れてニキビができることも多くあります。
生理不順やそのほかの病気が原因の場合もあるので気をつけてください。

 

特に生理前はホルモンバランスが崩れやすいため、ニキビができる人が多く見られます。
不眠やストレスなどもホルモンバランスを崩す大きな要因ですので、
日ごろからの管理が大切なのが分かりますね。

 

さらに男女共に薬を長期間に飲むことにより
ニキビが発生する場合があるのをご存知でしょうか。
抗生物質を長期間のみ続けると、皮膚の抵抗力が弱まるため
ニキビができやすくなるそうです。

 

このようにニキビの原因は様々です。
ご自身のニキビの原因を知り、より良い状態にもっていけると良いですね。

大人ニキビの芯は取るべきなの?

初期段階のニキビである白ニキビや黒ニキビの場合、大人ニキビの芯は正しい方法であれば、取り出すことは可能です。しかし芯の取り出し方を間違えたり、周囲の皮膚を傷つけたりするとそこにばい菌がはびこり、
さらにニキビが炎症してしまいますから、取り出すのなら注意が必要となります。

 

ニキビの芯は、基本的には皮膚科で取ってもらうのが理想的です。
しかしこれは一時的な「しのぎ」にすぎず、根本的にニキビが改善されたというわけではありません。
ですから芯を取った場所からまたすぐ次のニキビが出来る可能性は高いのです。

 

セルフケアも出来ますが、これも初期段階のニキビのみと思っておきましょう。
プッシャーと呼ばれる専門道具によってニキビの芯を取り出すことが可能となっています。
潰さずとる、というのが基本です。

 

 

しかし、ニキビの芯を取ると、それだけ治りが早くなるというのは本当のようです。
だからこそ、女性は皆ニキビを潰したがるのです。
しかし潰したら跡が残ってしまうというリスクもありますし、悩みどころではありますが、もうすでに膿んでおり、
先から汁が出ているような状態なら、いっそのこと潰してしまえ!とやってしまう女性も多いのです。

 

そこまで炎症を進めないようにするのがベストなのですが、そのためにはライフスタイルの見直しや食生活、
睡眠などしっかり自己ケアする必要があります。
もしプッシャーでニキビをセルフケアして芯を取りだそうと思うのであれば、まず湯船につかって、
しっかり皮膚をふやかし、ニキビの芯を出しやすくしましょう。
その後、洗顔をしっかりして、プッシャーでニキビの芯を取りだします。
プッシャーをニキビにあてて圧力をかけるだけでにゅるっと芯が出てくるので非常に簡単で、
周囲の皮膚を傷つけることなく芯だけ取り出すことが出来ます。

 

もしこれを行って芯が取れない場合、そこまでまだニキビの炎症が酷くなっていないということになりますから、
化粧品を使ってそれ以上ニキビが酷くならないよう配慮しましょう。

 

ビタミンC誘導体という有効成分の入った化粧水、そして保湿をしっかり行うことでニキビケアをすることが出来ます。
生理前に必ずニキビが出来る、という女性は、ニキビケア専用の化粧品をそろえておくと良いでしょう。

 

大人ニキビの芯は取るとニキビの治りは早いですが、顎ニキビが治らない方も同様でセルフで行うとリスクがあり、
受診して取っても再発の可能性が高いので、どちらが良いかと言えば、やはり取り出さず、
治癒するのを待ったほうが良いでしょう。